排水つまりのトラブル

日々の暮らしのなかでは水の確保は大きな課題であり、水がなければトイレを流したり風呂に入ったり、料理をつくったりすることができなくなってしまいます。そして使用した水はそのまま屋内に貯めておくこともできませんので、側溝や浄化槽などに排水するための排水管も必要となります。したがって水道の確保と排水管などの設備はつねにセットとして考えておき、なんらかのトラブルがあればすぐにでも修理ができるようにしておくことが望ましいといえます。排水管のトラブルのなかでも多くを占めているのが、生ごみや異物を台所などからそのまま流したことによる、あるいは意識しないでも汚水のなかに含まれていた油脂が堆積したことによるつまりです。

つまりが発生すると排水を流すことができなくなり、排水口まで逆流してしまうことがあるほか、場合によっては排水管の継ぎ目からの漏水にもつながります。排水管のつまりのトラブルはある程度は自力で修理することが可能であり、たとえばホームセンターなどで金属の自在に折れ曲がるワイヤーを購入してつまりの原因となっているものを掻き出したり、発泡剤のようなパイプクリーナーを排水口から流し込む方法があります。しかしそれでも効果がみられない場合には、やはり専門の会社に依頼をして点検してもらうのが一番です。ホームセンターなどではなかなか取り扱っていないような高圧洗浄機などの機器を駆使してつまりを除去し、もとどおりにしてくれるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *