浴槽つまりが発生する原因と

浴槽つまりの代表的なものが、固形物のつまりです。お風呂場は身体を洗う所ですし、その際はシャンプーやボディーソープなどを使うことになるでしょう。シャンプーの蓋や、詰め替え用のパックの切れ端、自己処理の際に使う電気シェーバーやカミソリなど、様々な固形物が流れる恐れがあります。他には、石鹸カスも浴槽つまりの原因に。

石鹸で手や身体を洗う際には、カスが出やすく、これはゴミ受けも通り抜けて排水管まで流れてしまうこともあります。石鹸カスはアルカリ性の汚れで、他にもシャンプーやボディーソープなどのアルカリ性の汚れに該当し、浴槽をつまらせてしまうことがあります。アルカリ性とは逆の弱酸性の洗剤などを使うことで、汚れを中和して落とすことができるでしょう。また、髪の毛も浴槽をつまらせてしまう原因になります。

シャンプー時に抜ける髪は30~60本と言われ、これは一日のうちに最も多く抜ける量です。髪の毛が詰まってしまった場合は、溶かして除去するのが効果的となります。掃除に使用する洗剤は、水酸化ナトリウムを含むアルカリ性のものです。髪の毛はたんぱく質でできており、この水酸化ナトリウムというのはたんぱく質を溶かす性質があります。

排水口の蓋に付着した髪の毛など手でしっかり取り除いた後、排水溝に向けて洗剤を流し込むことにより、詰まりの除去や予防に効果を発揮します。浴槽つまりを効果的に解消したい場合は、まず何がつまりの原因になっているのか突き止めることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *