賃貸マンションで雨漏りが発生したら

賃貸マンションに入居していて天井から水が漏れてきたら、すぐに管理会社に連絡しましょう。自分で工務店に連絡してしまうと、費用の責任が曖昧になってしまう場合がありますので、まずは管理会社に連絡します。管理会社が工務店に連絡して、修理に対応してくれますが、緊急性の場合は入居者が工務店に連絡しても良いのですが、必ず管理会社に許可を得ておきます。賃貸マンションに入居するときは火災保険に加入していますので、天井からの水が上の階の人の生活水であっても、雨漏りであっても、損害補償を受けられます。

火災保険の中には水のトラブルも含まれているからです。火災保険の適用のためには、保険会社に入居者から連絡をします。管理会社が保険会社に連絡をしてくれるのが理想的ですが、現実には入居者が自分で保険会社に連絡したほうが確実です。雨漏りと判断されれば、マンションの所有者の責任になります。

マンションの所有者が複数の場合は、管理組合の責任になります。雨漏りならば共用スペースのトラブルと判断されるからです。入居者のスペースは、天井も含めて入居者の火災保険が適用されます。家具が濡れてしまったら写真に撮影しておきましょう。

ベッドや布団類、衣類も撮影しておきます。パソコンや電化製品が濡れた場合は、保険会社の担当者に見せましょう。マンションの雨漏りは、調査が必要です。共用スペースの屋上から水が入った場合が雨漏りと認定される場合が多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *