浴槽つまりを解消法と予防策

お風呂は毎日入るものなので、浴槽つまりになってしまったら困ります。お風呂場の水が流れなかったり、排水溝から逆流してきたりと中が見られないことで余計不安になるでしょう。浴槽内から排水された水は下で洗い場の排水溝と合流します。排水管はカーブしているので、汚れを放っておくとつまりの原因になってしまうのです。

しかし、このカーブには下水管を遮り悪臭を防ぐ働きがあるので、必要不可欠です。そのため、定期的な掃除が重要になります。浴槽つまりを発見したらまず、排水トラップを分解して掃除しましょう。この部分は目に見える部分ですし、汚れが落ちたことが実感できる箇所なので、掃除はしやすいです。

ここに髪の毛・石鹸カス・皮脂汚れなどが最初に流れてくるので、ここを掃除するだけでつまりが解消したなんてこともあります。それでも解消しない場合は、排水管がつまっている可能性が高いです。そういうときは、パイプクリーナーを使ったり、ラバーカップを使ったり、石鹸カスなどの汚れに強い重曹とクエン酸を混ぜたものを使ったりしてみましょう。このようなことを試しても浴槽つまりが解消されないときは、専門の会社に依頼した方がいいです。

予防策は排水トラップをこまめに掃除することで、排水管まで髪の毛などを侵入させないことです。それらのゴミを流すときは少量でも汚れが蓄積してくると、排水管の中で絡まりつまりの原因になるからです。このようなことを参考に、浴槽つまりになってしまったときは解消してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *