普段からできる浴槽つまりを予防する方法

お風呂を日々使っていると、髪の毛や流したトリートメントなどが詰まって浴槽つまりが起こってしまうことがあるかと思います。臭いや故障の原因にもなるので、しっかり普段から浴槽つまりを予防することが大事になってきます。今回は、普段から実行できる自分でできる浴槽つまりの予防策をお伝えしていきます。まずは、普段湯船に浸かる際はヘアキャップをつけることなのですが、これは排水溝に髪の毛をなるべく流さないようにすることが目的と言えます。

100円ショップなど、プチプラで手に入れることができ、毎日簡単に実践ができるのでおすすめです。次に定期的にお風呂掃除の際は排水溝にパイプクリーナー等を流し込むことをやってみてください。髪の毛など、つまりの原因となるものを溶かしてくれる便利なお掃除アイテムでして、使う際は表示に従って換気をしながら使ってください。最後に、重曹などで定期的にお掃除をしておくことです。

つまりがひどくなる前に、定期的に掃除をすることで、発生源となるものを元から断つことができます。お風呂は身体を綺麗にする場所だからこそ、いつも清潔に保ってもらいたいものです。浴槽つまりを普段から防ぐことを心がけるだけで、身体も心も清らかに過ごすことができるのではないでしょうか。つまりがひどくなってしまい、業者を呼んで高いお金を払うと大変なことになりますので、しっかりと自分でできることから実践していくことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *