産廃業の許可申請を代行してもらうメリット

産業廃棄物の運搬を行うには、業者の人は産廃業の許可申請を役所に行い都道府県知事の許可を得なければいけません。

不法投棄などが社会問題になっており、許可を得るためには業者の人は講習に出席して多くの書類を集め、申請の書類を作成しなければいけません。書類を作成するのは、素人には難しく時間が掛かってしまいます。

しかも書類に不備があれば、書類を修正してまた役所まで足を運ばなければいけません。書類が通過するまで、その繰り返しになり手間が掛かってしまいます。業者の人は、講習に出席するだけでも大変なので、産廃業の許可申請を代行してもらう業者も増えています。産廃業の許可申請の代行を行ってくれるのは、プロである行政書士になります。もちろん代行を行政書士に行ってもらえば、費用を支払わなければいけません。しかし、自分で書類を作成する手間や役所に足を運ぶ時間を考えれば行政書士に代行してもらった方が業者の人も、他の業務が出来て助かります。

ただしどの行政書士に依頼しても同じ、費用というわけでもありませんし、行政書士によって代行の実績も違いますしサポート体制も違って来ます。多くの実績のある行政書士は、しっかりとしてサポート体制が整っており許可申請を行った後も定期的に行われる更新の手続きなども継続的に行ってくれます。同じ依頼をするなら、実績が多くありサポート体制がしっかりとしている所の方が業者の人も安心して任せることが出来るはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *