産廃業の許可申請は代行が便利です

産廃業は許可なく産業廃棄物を取り扱うことは法律に反しますし、回収処分を依頼する側からの信頼も得られないなどからも、事前に許可申請手続きを行うなどが大切です。

産廃業には回収したものを処理施設に運ぶ事業と受け入れた産業廃棄物を、適切に処理を行う処分業にわかれています。産廃業の許可申請手続きは、営業を行うエリアを管轄している役所で行い、都道府県知事の許可証を受け取ることで事業を開始できます。例え、申請の手続きを行ったとしても免許の交付を受けるまでの間は待機状態になります。収集運搬業の場合、営業エリアが都道府県をまたがる時には、それぞれの地域で申請を行い、許可証を受け取る必要があるため、代行業者を使うと便利です。

代行業者は行政書士の資格を有するもので、申請に必要な書類作成から手続きまで一貫した形で代理人をつとめて貰えるため、その間の時間を有効に利用できるメリットがあります。尚、代行業者を使う時には費用が明確になっていること、産廃業の許可申請の代行実績を多く持つ行政書士を選ぶようにしましょう。

経験を多く持っていることで許可を得るためのノウハウにも繋がりますし、申請のための必要要件にはどのようなことがあるのか、条件を満たしていない場合はどのようにすべきか、様々なアドバイスを貰うことができます。産業廃棄物は細かな条件が多数存在していることや、規制についても変更が生じる、届けを行う役所に応じて考え方に相違があるのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *