許可申請を代わりに行ってくれる産廃業代行サービス

産業廃棄物は製造業を営む企業が品物を生み出す際に発生するごみのことで、燃えかすや汚泥だけでなく再使用できない油やプレスチックなども該当します。

これらの品物を生み出す行為を行った後に出る副産物は、自然界にとってマイナスに働くので各自治体が契約している産業廃棄物業者略して産廃業に委託して廃棄してもらう必要があるのです。

しかし産廃業に依頼するのが筋ですが、ニュースで不法投棄をする企業も存在するのが実情なります。なぜ不法投棄をするのかというと、そもそも処理現場自体が限界にきているので頼まれた量を処理するのを困って廃棄する場合もあります。ただそれ以上に多いのが、産廃業に依頼するとコストがかかるというものもありますが産廃業に依頼するときに許可申請出すまでが長いため忙しさが原因で手が回らないというのも原因です。

しかし産業廃棄物の不法投棄は法律で禁止されているため、もし不法投棄を行ったことが分かれば罰金刑を受けることにもなります。そこで許可申請出すまでが長いため忙しさが原因で手が回らないという企業のために、需要が伸びているのが複雑な許可申請を代行してくれるサービスです。許可申請代行サービスは、契約料金を支払うことによって複雑な許可申請の書類を作成し自治体に送ってくれます。さらに各自治に連絡をして最適な産廃業を見つけるのも代行してくれるので、生み出す作業を滞らせる事無く産業廃棄物を処理することができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *