産廃業の許可申請の依頼ができる代行業者とは?

産業廃棄物は産廃物などと呼ばれることもありますが、回収をいらいする時は産廃業の免許を持つ業者に依頼するようにしましょう。

免許を持つ業者のトラックには必ず産業廃棄物を積載できる車両であることが記載してありますし、免許の提示を求めれば運転席には許可証を保管してあるため応じて貰えます。産廃業の事業を始める時には許可申請手続きを行う、該当エリアの区や市町村の役所での許可申請は都道府県知事による許可証を受け取るための手続きです。産廃業の許可申請は事業を始める経営者だけでなく、代行業者に依頼することもできます。

代行業者は国家資格の一つでもある行政書士の資格を持つ人が行っているもので、税金などの相談や税務書類の作成などはできませんが、産廃業の許可申請代行の役割を担うことができます。産業廃棄物の規制は各都道府県に応じて異なると言われており、他の都道府県では許されことが申請先では許されないケースもありますし、その逆のケースもあると言われています。

行政書士の中でも数多くの実績を積んでいる場合は、産業廃棄物のルールや知識を豊富に持つなど、安心して依頼ができるメリットもあるわけです。ちなみに、産廃業の許可は申請を行えば必ず得ることができるわけではありません。提出した書類に不備が生じた時を始め、必要要件を満たしていないなどの理由で申請自体が取り下げになることもありますし、行政書士に依頼した場合でも取り下げになることもあるため、経験豊富な所を見つけることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *