産廃業の許可申請代行を依頼して円滑に事業を進める

産廃業は、産業廃棄物を収集運搬するという業務の性質上、誰でもすぐに参入できるというわけではなく、事業を行いたい自治体に許可申請を行い、許可を取得する必要があります。

この申請は非常に難解なことで知られていて、専門の知識がないと申請書類を作成するのにも苦労するほどです。

さらに、申請書類以外にも様々な添付書類が必要で、それらは事業を行いたい自治体や収集運搬を行いたい産業廃棄物の品目によっても異なる上、書類に不備があれば訂正の上再提出をしなければならないので、産廃業の許可申請には膨大な時間と労力が必要になってきます。

他の事業を行いながら産廃業への参入の手続きを行う場合、その担当者は通常の業務に支障が出るほど多忙になってしまうことも考えられますし、なかなか許可が取得できずにその他の準備は万端でも事業が始められないというケースも出てきます。そのような事態を避け、円滑に許可申請を進めるためには専門家である行政書士に手続きの代行を依頼するのも1つの方法です。

代行を依頼することで自社で手続きをするよりもスムーズにことが運ぶので、余裕を持って事業準備を進めることができます。また、実際に事業を開始してからも様々な面で分からないことが出てくるのも新規参入を行う際の問題点ですが、特に産廃業の場合は行政の目が厳しい業種なので、場合によっては許可取り消しなどの重い処分を受けてしまうこともあります。許可申請の代行を受け付けている行政書士事務所の中には、事業が始まってからもアドバイスをしてくれたり相談に乗ってくれるところもあるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *