産廃業の許可申請代行を使うメリットとは?

産廃業の許可申請には幾つかの条件があること、そしてその条件を満たしている人が産廃業の許可申請ができると言っても過言ではありません。

条件の中には欠格要件に含まれないなど、比較的明確なものもあります。講習会に参加して修了証を受け取っていることも条件に含まれますが、修了証を持つことで条件はクリアーするなど比較的分かりやすいものと言っても良いでしょう。

しかし、事業計画をしっかりと整えていること、経理的基礎を有しているなどの条件になると、自社は大丈夫だろうか、などの心配も出て来るのではないでしょうか。産廃業の許可申請は行政書士が代行を行っていることも多く、代行を利用することで経理的基礎や事業計画などの相談ができるメリットもあります。事業計画を整えていることを証明するためには、分かりやすい書類の作成が求められます。例えば、排出事業者から産廃物の運搬委託を受けることが確実になっている、受け入れを行う産業廃棄物の種類や性状の把握ができるなどがありますが、これをどのように説明すれば良いのか、どのような書類を作成すべきか分からない時にも代行に相談することで教えて貰えるわけです。

また、産廃業の許可申請代行は、大半の書類作成を依頼することができますので、費用面についての比較を行うことがお勧めです。費用は業者毎に異なりますので、トータル費用がどれだけ必要になるのかを抑える、他に掛かるコストの有無を確認するなどが重要で、後から追加で費用発生が生じるケースもあるため注意しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *