産廃業許可申請の代行業者とは?

年々、産廃業の許可申請を行う人が増えていると言われていますが、産業廃棄物を取り扱うビジネスはゴミの放出が続く限り有効なものであり、もの作りを得意にしている日本には欠かせない存在と言っても過言ではありません。

一般家庭から出されるゴミとは異なり、産業廃棄物は取り扱いによる規制が厳しいため、産廃業の許可申請を行う場合には許可を得ようとしている地域の特徴を事前に把握することも大切などから代行業者を使う人も多いようです。産廃業の許可申請の代行業者は行政書士の資格で、産廃業の許可申請に必要な書類の作成から代行が可能です。

また、経験豊富な行政書士を選んでおけば、許可申請を行う自治体の特徴を掴んでいるなどからも許可を貰えるチャンスも広がります。審査は公平に行われますが、申請を行う自治体により若干の違いがあるようで、別の自治体では許されることが申請する自治体では許されないケースもあります。そのため、経験を多く持っている代行業者を使うことは事前対策ができるメリットがあるわけです。

産廃業には産業廃棄物収集運搬業と産業廃棄物処分業の2種類があり、それぞれに必要要件が存在しているのが特徴です。当然ながら、要件を満たしていることが基本条件になるわけですが、この必要要件について自治体毎に若干の違いがあるため、許可を得るためには知識も必要になって来ます。特に産業廃棄物収集運搬業の許可を数ヵ所で取得する場合は、申請を行う自治体の特徴を掴むことが許可を貰えるポイントに繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *