産廃の許可申請を行う際に知っておきたいこと

産業廃棄物の収集運搬を主な業務とする産廃業は、その仕事の性質上徹底した法令遵守が求められるため、事業を始める際には自治体に対して許可申請を行い許可を取得する必要があります。

単に書類を揃えて手続きをすればすぐに事業が始められると言うわけではなく、円滑な産廃業の許可申請と許可の取得のためには知っておきたいいくつかの点があります。まず、許可申請に欠かせない申請書類はその作成に専門的な知識が求められる非常に複雑な上に添付書類も多く、さらに行いたい事業で収集運搬する産業廃棄物の種類によって細かく品目が定められているので、正しい品目での許可を取得する必要があるという点は、知らずに自分だけで手続きをしようとすると大変な時間や労力を要することになります。

また、産廃業は行政の監督が非常に強い業者であるため、書類を揃えて手続きをしても担当窓口で不備を指摘されれば度準備から始めて再提出をする必要がありますし、許可されていない品目の産業廃棄物を取り扱ったりルールを守れない場合には許可取り消しなどの厳しい処分を受ける場合もあり、はじめての事なので知らなかったでは通用しない厳しい現実があります。

このように複雑で難しく、間違えが許されない産廃業の許可申請は、行政書士に代行を依頼することもできます。専門的な知識を持ち、数多くの申請を行った経験を持つ行政書士なら、最適な許可をスピーディーに取得することができ、近くに事業を始めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *