産廃業の相談や許可申請の代行を使うのが便利

産業廃棄物は企業が出すゴミ、このゴミを受け入れるためには産廃業許可申請を行い所定の資格を有することが日本の法律で定めが行われています。

最近は資格を持たない業者も存在していると言われていますが、資格がない業者に依頼すると様々なトラブルが起こるなどからも注意が必要です。産業廃棄物は一般の廃棄物と管理項目に含まれてる廃棄物に分かれています。病院などは注射器の針へ血液が付着しているガーゼなど感染のリスクがありますので、産廃業の許可申請時には特別管理項目の廃棄物を処理できるものを選ばなければなりません。

一般的な産廃業の許可申請と比較した場合、難易度も高くなるため代行業者に依頼する人も多くようです。代行業者は産廃業許可申請の代理人として、許可申請に必要な書類を作成したり、必要書類には何が必要なのかを教えてくれます。添付書類の中には代行業者ではなく、自ら用意しなければならないものもありますが、申請に必要なものをしっかりと教えてくれるため安心感があるのではないでしょうか。

尚、収集運搬業の場合、車両に産業廃棄物の回収および配送を行っていることが分かるよう表示が必要になること、営業を行うトラックには許可証を始め、関係書類を保管しておく必要があるなど、許可を得た後の様々な注意点のアドバイスも行うなど、細かな部分まで面倒を見て貰える代行業者を利用するのがお勧めです。料金についても比較が大切ですが、安いだけで選んでしまうと後から別料金の請求が来ることもゼロではありませんので、最終的な金額をしっかりと確認することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *