産廃業の許可申請は代行してもらった方が便利

業者の人が、産業廃棄物の回収や運搬などの作業を行うには、まずは都道府県知事の許可を得なければなりません。

許可を得ずに勝手に産業廃棄物の回収や運搬を行うと、法律違反になってしまいます。都道府県の県知事の許可を得るには、講習会に出席し財務諸表などの必要な書類を揃え、役所に提出する書類を作成しなければいけません。

必要な書類を集めるのも大変ですが、書類の作成が複雑で業務が違う県にまたがっている場合には、両方の県に産廃業の許可申請を出さなければいけませんが、各都道府県によって提出する書類が違うので大変です。自分で作成して提出する業者の人もいますが、その手間と時間を削減するために多くの業者が産廃業の許可申請は、代行に依頼しています。

代行に依頼することで、書類集めや書類作成に掛かる時間を違う業務に使うことが出来るメリットがあります。その代行を行っているのが書類の作成のプロである、行政書士です。また産廃業の許可申請は、一度許可を得ればずっと続けることが出来るわけではなく定期的に更新手続きを行わなければいけません。

そのため最初の産廃業の許可申請を代行してもらう時に、信頼して任せることが出来る行政書士を見つけておけば、継続的にサポートをしてもらうことが出来ます。最近では、行政書士も産廃業を行う業者のサポートをしてくれる体制が整っている、所が増えており利用しやすくなっています。そのため、きちんとサポート体制が整った行政書士を選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *