産廃の収集と配送には許可申請が必要です

家庭から出るゴミは自治体の規則の則って捨てることができますが、工場など事業から出されるものは廃棄物という扱いになります。

家庭のごみと比べても、特殊な化学薬品などを使っていることが多いので、そのまま捨てたら周囲に悪影響を与えてしまう可能性があります。そのため事業主は産業廃棄物として、それぞれが業者に依頼をして収集を求めることになります。産廃を収集したり配送をする事業を行いたいときには、許可申請が必要です。

許可制をもうけることによって、安全に収集して配送することができますし、不法投棄などを防ぐことができるからです。産廃の許可申請は、それぞれの自治体によって手続きを行うことになっていて、基本的に予約制になっているところが多いです。事前に予約をすることで手続きがスムーズになりますが、申請に必要な書類を事前に確認しておき手数料と合わせて行うことをおすすめします。

産廃処分をする時に気を付けたいことは、許可申請をするときに処理をする内容物を申告するようになっています。しかし申告をして許可を受けた後に、別の内容物も収集して配送したいということがあります。その時は、再度、内容物の変更許可を申請しなければなりません。それだけ産廃というのは厳しい扱いになっていますから、もし内容物を変更せずに搬送を行っていたら違反ということになるので注意が必要です。また一度申請をしたら永遠に許可を受けているわけではなく、一定期間が過ぎたら更新をすることを忘れてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *