産廃許可は運ぶだけなら簡単

産廃は産業廃棄物の略称で、産業活動をしているさいに発生するものです。

家庭廃棄物とは区別され、また法律に則って処理することが求められています。過去に不法投棄などの問題が多発したこともあり、現在では法律で厳しく規制されており違反を行うと罰金や懲役といった罰則を受けるほか行政処分を受けることになるため、適切に行うことが産業活動をしていく上では大切です。産廃には各種許可がありますが、おおまかにわけると処理を行う者と運ぶ者に分類されます。

前者の場合には大掛かりな施設が必要ですから、非常に多くのハードルをクリアする必要がありますが、後者の場合で運ぶだけならそれほど難しいものではありません。産廃許可のうち運ぶことを仕事とする場合には廃棄物収集運搬というものにあたります。このさいに現場から処理場まで運ぶだけであれば必要な届け出をするだけで許可を得ることが可能です。

ただし注意しなければならないのは許可を受けた自治体の範囲でしか行うことができないことで、越境するような場合にはそれぞれの自治体から許可を得ている必要があります。運ぶだけの場合にはそれほど厳密な審査はありませんから、手続きさえ行えば簡単に手に入れることができます。一方で自社運搬は関係なく行うことができますが、他社の産廃を運ぶ場合には注意が必要です。特に日常的にそのようなことが行われていると、行政処分に繋がるため、実際にそれが自社なのか請負なのか理解することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *