産廃運搬許可が難しい場合の対策方法について

産廃業を営もうと考えている際には、管轄する各市町村で許可申請を行うことが必須です。

誰でも簡単に行うことができるものではなく、不正を防ぐためや不法投棄を防ぐ意味合いでもきちんとした申請を行う必要があります。各市町村ではホームページを用意しているので、申請書に関してはダウンロードして利用できる地域もあり、そうではなくても窓口でも簡単に入手はできます。ところが新規で産廃業を営むには許可申請を行う時には沢山の書類を提出することが義務化されています。

事業計画書や定款、事業全廃の概要や受け入れ先の情報、使用する車両についての書類や写真など沢山の資料が求められます。この書類や証明書を揃えるだけでも大掛かりな手間と時間が掛かってしまうことがあり、専門的な知識を持ち合わせていない場合、不備を指摘されてしまい、却下される可能性もゼロとは言い切れません。簡単で手軽に産廃許可を取得するには、対応している事務所が存在しています。

行政書士や司法書士などが該当していますが、産廃許可に精通している事務所があるので、煩雑な手続きを任せることができます。一定の料金は掛かってしまいますが、それでも書類等に知識が無い方であれば、かなり便利に利用できるのではないでしょうか。初回に関しては難しい傾向にあるので、このタイプの事務所に任せて取得して、更新時には自ら手続きを行うという方法も間違いではありません。許可申請や更新自体には各市町村に支払う料金は決して高額ではないので、初回に難しいと感じた際には産廃に精通している事務所の利用がおすすめできる行動です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *