産廃を始めるためには許可が必要です

産業廃棄物の収集や運搬、処理にかかわる業務を始めるためには、必要な都道府県で許可を得なければなりません。

収集と運搬や処理がそれぞれ異なる自治体でおこなうときには、それぞれの自治体の指定の書類などをきちんと提出しなければなりませんので、一般的に時間や手間が多くかかるといわれてきました。そのため最近では自らひとつひとつ書類作成をし提出するやり方ではなく、すべて代行の業者に委託しておこなってもらうという方法がよくとられています。

産廃における許可は行政書士などの知識が必要ですので、代行しておこなってくれる業者に依頼するほうが、効率よくスピーディにおこなってもらえるため、早く産廃業を始めることができます。代行業者に依頼することで当然費用は掛かってきますが、特に産廃業に関しては少しでも早く仕事に取り掛かるほうがメリットが大きいですので、そのことから考えても代行業者に相談する方法をおすすめします。書類などの提出だけでなく、講習会への参加など義務付けられていることがたくさんありますので、できるだけ段取りよく済ませていかなければなりません。

許可を取るための審査もすぐというわけではなくおおよそ2か月ほどかかるのが一般的ですので、その期間も考慮すれば、行政書士などに依頼するほうがよいでしょう。書類なども全国一律の仕様ではありませんので取り寄せるだけでも大変な作業になります。また許可に関しては申請できる条件などもきっちり決まっていますので、そうしたこともクリアしなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *