産廃の処理は許可業者でなければできない

産業廃棄物、いわゆる産廃は排出した業者が最後まで責任を持って処理することが義務付けられています。

マニフェストと呼ばれる書類によって適切に処理されたことを管理し、その結果を保存します。そして、許可がないと処理も運搬もすることができません。産廃は量にかかわらず、性状によって区分された種類に応じて所轄の自治体から許可を取得する必要があります。申請だけで取れるわけではなく、人的、物的、財政的な要件を満たす必要があります。また、自治体をまたいで運搬を行う場合には、それぞれの自治体への申請が必要です。

最近では都道府県内での一括申請をしている自治体もあります。許可を取得した産廃業者は環境省の産業廃棄物処理業者情報検索システムで調べることが可能です。もし、無許可の業者に依頼した場合、排出業者も責任を負うことになります。一度自分の手を離れたから後のことは知らないと言うわけにはいきません。

それが法律によって規制されている目的です。それも産廃が環境に大きな影響を与える恐れがあり、適切に処理しないことでその周辺の住民や自然を脅かす恐れがあるからです。関係する全ての業者が責任を持って取り扱えば、そのような問題は発生しないはずです。最も問題になるのは不法投棄で、処理するために自治体の税金が使われるようなことは避けなければいけません。そのためにも排出業者はマニフェストが、必ず最後まで適切に完了していることを確実にしなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *